心配していたことがついに…
このところ仕事が立て込んでいました。

そんな飼い主の都合とは関係なくまろチャメは日課の早朝バトル。
そして常々心配していたことがついに起こってしまいました。

その日は仕事の大事な最終締め切り日。
よりによってこんな日に私の顔の上を猛ダッシュしなくても…(ー"ー)

午前5時半… 一瞬の出来事でした。
まだ布団の中にいた私の左目に衝撃と激痛。
目を抑えると手にぬるりとした感触。


「ち・血!?」


大慌てで同居人を起こし
「ちょっと、見て! 顔! 顔!」と大騒ぎ。

はじめは、寝ぼけ眼の同居人でしたが

私の目を見て顔色が変わります。(え? そんなにひどいの?  ̄_ ̄;)

同「なんじゃ、こりゃぁ〜〜」(* ̄□ ̄*;
管「ネコにやられた! 目、蹴られた! どうなってる?」



電気をつけて抑えていた自分の手の平を見ると真っ赤な血が…

いやあぁ〜〜(T△T)

ティッシュを渡されてとにかく止血。

「鏡! 鏡見せて、鏡ぃ、早くぅ〜!!」

騒ぐ私をよそに、同居人は猫達に
「おまえら! いいかげんにしろ〜〜!!」
と、叫んで追いかけています。


おいおい、今、そっちじゃないでしょう〜〜( ̄△ ̄;


鏡を見るとまぶたと目の下、目頭にがっつりと猫の爪痕が……(T△T)


意外に早く出血がおさまったので、改めて鏡で傷の様子を確認するも
まぶたは腫れて、目は充血して涙が湧いてなかなか目が開けられません。


同居人は近くの大学病院の救急外来へ行くかと電話機を持ってウロウロ。
電話がつながらなくて、消防署へ電話して、時間外病院を教えてもらったり傷の対処法を聞いたり。
とにかく流水で傷口を洗って不自由な目でやりかけの仕事を済ませて明るくなるのを待ちます。
涙目ながらも目はちゃんと見えているようなので、眼球はやられてないかなと思いつつ。

仕事の状況を確認して午前中に病院へ行ってきました。

眼球に傷はなく、この頃にはまぶたの腫れも引いて、充血も涙もなくなって視力検査も問題なし。
傷の手当をしてもらって無事帰宅。





で・・・私を蹴った「ホシ(真犯人)」ですが。

病院へ行く前に、2匹の爪(特に後ろ足)をチェックすると、
1匹の方の後ろ足とおなかに返り血を発見!

ホシ(真犯人)は・・・



d0150434_1562654.jpg

まろでした(* ̄□ ̄*;




布団やシーツにまで血は飛んでいなかったのですが、
犯人の身体にはしっかりと、状況証拠が。。。

とはいえ、追いかけっこはチャメが最初に仕掛けるのが日常なので共犯です。



d0150434_1563899.jpg

犯人幇助(というか原因)のチャメ。。。




だって、君がまろを執拗に追っかけ回すから、まろが必死に逃げて
途中私の顔の上を駆け抜けた…ということでしょ?

この日から、夜はふすまを閉めて寝室への入室禁止。
今後は夜、どちらかに入ってもらうため、ケージの購入に踏み切りました。
ケージに入れられるのは・・・チャメ、だな。

来週、ケージが届きます。

ふすまを開けたり、ぼろぼろにされることがなければ
ケージは使われないかもですが。

傷の位置を見るにつけ、眼球にもろに入ってなくて良かったと思います。

d0150434_1523193.jpg

これって、まぶたがなかったら完全に「ヒット」してたよなぁ。。。








にほんブログ村のランキングに参加しています。
1日1回、下のアイコンをクリックお願いします040.gif
 ↓   ↓    ↓   ↓
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
[PR]
by niyacat_96 | 2009-11-22 15:11 | | Comments(2)
Commented by ミルク粥 at 2009-11-25 09:37 x
やはり全ての黒幕はマロなのね...
まろ兄こわい(-_-メ)

なんていってる場合ではなく、おだいじに
Commented by niyacat_96 at 2009-11-25 18:04
>ミルク粥さん

まろ、奥に秘めた「黒い」ものを感じます( ̄▽ ̄;

傷は順調に治っています。
もう目の下と目頭はうっすらと残っているだけです。
お騒がせしました〜〜(^_^;)
<< 来ました【チャメの寝室】 にゃんず応援団 〜第48節〜 >>