野良猫捜索 PART-107〜帰省先の公園・地域猫活動〜
仕事帰り、ちょこっとニャンコに会いに寄り道。

いつもの陸橋下チーム。。。
夕ご飯が終わった時間だったせいか「NO CAT」emoticon-0108-speechless.gif

と・・・やっと1匹発見!

d0150434_90446.jpg
君は? トラちゃんかな

d0150434_923439.jpg
ちゃーちゃん?(いや、ちがうな)

名前、覚えられないな〜〜(^-^;


食事タイムには10匹以上集う猫達。
いったいどこに散ってしまうんだろう。。。


あきらめて、さっさと帰ることに。


途中。。。ん?

d0150434_945529.jpg
そこにいるのは?

d0150434_95949.jpg
見つかった!

d0150434_953318.jpg
逃げられちゃうかな?

知らん顔して通り過ぎるふりをしてみると。

d0150434_955359.jpg
お、気にされてる?emoticon-0136-giggle.gif



ちょっと嬉しいemoticon-0115-inlove.gif



そのまま進むとその先に。。。



d0150434_97585.jpg
おお〜〜っ! 猫いっぱい〜〜!

駐車場脇チーム! ここのご飯タイムだった〜emoticon-0152-heart.gif
今までたくさん居るとは聞いていたけど、会ったことがなかった^^;

d0150434_974114.jpg
ざっと数えても10匹以上集ってた^^;


さすが、エサの力。。。
そーっと近付いて、餌やりしてるおじさんに写真を撮らせてもらいながらいろいろ話を聞く。


ここの公園の猫達はずっと野放し状態で地域猫活動とは無縁。
何人かいる餌やりさんはあくまで個人ボランティアで、
捕獲・手術・元の場所に放す(または里親探し)までの活動にいたっていないようだった。

聞くと最近、近隣の市の地域猫活動団体がこの公園の野良猫への捕獲・手術活動に乗り出したとのこと。


どうりで、昨年まではあまりなかった「(手術完了の印)耳カット」猫を多く見かけるようになったと。


捕獲、去勢・避妊手術はなかなか個人ボランティアの力では難しい。
人手もいるし、お金もかかる。
これだけ大きな公園、100匹を超える野良猫がいると
やはり、ある程度の規模のボランティア団体が入らないとなかなか進まない。

子猫は保護して、里親を捜していたみたいだけどそれでは根本的な解決にはならない。
子猫を産ませないこと。これに尽きる。
新たな捨て猫が居なくなることが前提だけど
今居る子達の手術さえできればこれ以上不幸な命が増えることはなくなる。

彼らが寿命を全うする頃には、公園の野良猫は激減するはずだ。
そして、長い時間はかかるけど、いつか野良猫はいなくなるはず。
それが地域猫活動の最終目標。

ただ、むやみにエサやおやつを与えて猫なで声でかわいがることでは決してない。

猫にエサをやってくれる人がいるしとか、たくさんの猫がいるからとかで
手術をしないでいらなくなった飼い猫を捨てる心ない人間さえいなければ(ここ大事)。


この公園で耳カットされた猫に出会うと、ホッとする。
地域猫活動に尽力されているボランティアの方には感謝の気持ちでいっぱいになる。
無責任にペットを「飼う(買う)」ことだけは本当に本当にやめて欲しい。







心から願わずにはいられない。。。


地域猫活動について
おおぶ地域ねこの会






にほんブログ村のランキングに参加しています。
1日1回、下のアイコンをクリックお願いしますemoticon-0139-bow.gif
 ↓   ↓    ↓   ↓
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
[PR]
by niyacat_96 | 2011-06-10 09:38 | | Comments(0)
<< いいものみぃ〜つけた\(^O^)/ 初挑戦 〜猫クッキー作り〜 >>