悲しい知らせ…
消えてしまった日記のことをいつまでも嘆いていても仕方がないので…
気を取り直して今日の日記を書き直しましょう。

管理人立ち直りが早いの(だけ?)が取り柄です^^;


でも。。。今日は悲しい日記です。


昨日、同居人がいつもの公園に行ってTさんから聞いた話(私は野暮用で留守番)。


片目のキジトラが死んだ。。。

海岸のミケも最近姿を見せないのでもしや。。。



私達が彼らと最後に会ったのは。。。
d0150434_11483010.jpg
片目のキジトラ 12月31日撮影(photo by 同居人)

d0150434_1149279.jpg
海岸ミケ 12月27日撮影(photo by 同居人)

キジトラはTさんが亡骸を確認しているので確かだ。。。
ミケももう高齢でこの冬を越せるかどうかとのことだった。。。

野良猫にとって冬を越すというのは「生き延びること」なのだという現実を思い知らされた。
昨年常連だった「ヨボちゃん」も居なくなった。

私達が公園に通い始めて1年。。。
気が付くと常連のノラさんたちのうち何匹か見かけなくなった。

もらわれて幸せになった子もいるかもしれない。
人知れず天に召された子もいるだろう。

私には悲しむことしかできない。
ただ、ペットを捨てる心ない人間がこの世界から居なくなって欲しい、
彼らが生まれ変わったら今度こそ幸せになって欲しいと心から祈るだけだ。





にほんブログ村のランキングに参加しています。

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ 
[PR]
by niyacat_96 | 2009-01-12 11:59 | | Comments(4)
Commented by マリアンヌ at 2009-01-12 12:35 x
片目のキジトラさんや、海岸ミケさんは野良人生を全うしたんだよ。
寒空の下、震えているとかわいそうって思うけど、でも彼らは誰より先に春の訪れを感じ、草木の芽吹きや新しい生命を発見することができる。
自然は厳しいけど、優しくもあるからね。
捨てられていきなり知らない世界に放り込まれるのは、もちろんひどい話だし、人間の身勝手が一番悪いのだけれど、片目のキジトラさんも、「俺の人生、まんざらじゃなかったな…」って思って天国に行けたのでは?と勝手に思っております。
合掌
Commented by niyacat_96 at 2009-01-12 17:30
>マリアンヌさん

そうですね、死んでしまったキジトラさんは
彼に与えられた一生を全うして空へ行ったんだよね。

行方不明のミケさん、ヨボちゃん
もしかしたら生きていて、どこか暖かいところにねぐらを移して
春になったら、ひょっこり元気な姿を現したりして。。。?

みんな野良生活まんざらでもなさそうだった、うん^^
Commented by fixx at 2009-01-13 11:35 x
トラは一般車両が通らない場所で事故に遭うという、本当に運が悪いとしかいいようのない最後ですね。(めったに車の通らない場所ですので、高齢のためといえなくはないのかも)

海岸のミケ(2匹います)のうち、写真のミケちゃんは昨日の夕方、いつものテリトリーから西へ50m位のところで元気にしていました。
別のミケさん(口内炎のほう)は、昨日Tさんと一緒に保護してシェルターに移動しました。

※私の区別ですが、写真の三毛を「ミケちゃん」、口内炎の三毛を「みけさん」と呼んでいます。
(トラに次いで多いので、ほかの三毛も「ガラ」「ガン三毛」等気ままに命名していますが、呼ぶと来るので、むこうも異論はないのかも?)
Commented by niyacat_96 at 2009-01-13 14:42
>fixxさん

ミケ“ちゃん”(私もそう呼ばせていただきます^^)、
居たんですね〜 良かった。
お知らせくださってありがとうございました。

ミケ“さん”保護されたんですね。
Tさんが「高齢だから早めに保護したい」とおっしゃっていたのは
こちらのミケさんのことだったのかな。
口内炎早く治るといいのですが…。
<< 4月生まれのミケの子たち け・消しちゃった(>_&... >>