ノラや
GW中に読破しようと帰省先に持参した文庫本です。
同居人が涙した(らしい?)と聞き、さっそく借りて読んでいるところです。

ここで紹介できるサイトがないか検索してみたらこんなものを見つけました。

【猫の文学作品】

猫好きの文豪って多そう(根拠はないけどなんとなくイメージ)。

何の気なしに飼い始めたノラ猫がある日失踪してしまい落ち込む著者。

私のHNでもある先々代の「ニヤ」も2週間行方不明になったことがあり
その時のことを思い出しながら読み進めています。

著者の落ち込み方が半端なくて「ノラや ノラや」とつぶやきながら涙にくれる
著者の心情がこちらにも伝わってきて、泣けてきてしまいます。

猫好きの方におすすめの1冊です。




ノラや
内田百聞(中公文庫)

猫を愛した百聞のこの作品は、猫文学としてとても有名。
もしも自分の猫がいなくなってしまったら・・・
そう思うといても立ってもいられない。(HPより)







にほんブログ村のランキングに参加しています。

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
[PR]
by niyacat_96 | 2009-05-07 09:26 | | Comments(0)
<< 野良猫捜索 PART-37 〜夏日〜 フォトコンテスト >>