チャメのついてない1日(ー"ー )!!
今日はチャメ、最悪の1日。。。

10日ほど前、右目が涙目になっていて
その後、粘性の高い目ヤニが毎日ついている状態で
このことろ毎朝毎晩チャメの目ヤニ取り(ーー;)

右目の目ヤニ以外特に変わった様子もなく元気。
本人も目を気にすることもないし、痛みやカユミもなさそう。

が…今朝涙をいっぱい浮かべていたので、さすがに病院へ行くことにする。
病院へ行くのは、あの「スチロール食べちゃった事件」以来かな。


症状を伝えて、先生がチャメの目とカルテを見てひとこと。

「季節性のアレルギーかもしれないですね〜」
「去年の今ごろも目の周りに湿疹ができて来てますね〜」


ああ〜、そういえば。 あった、あった、そんなことが…。
【チャメの傷。。。(2008.5.28)】

うわぁ〜〜、
この時はなんかめっちゃ後ろ向きな心配してる〜( ̄▽ ̄;)恥ずかしい


1年前のそんなこともあって、チャメは梅雨アレルギーと決定〜(*^▽^)ノ(してないから!)

まったく。。。意外にデリケートなヤツ(ーー;)
今回は診察代と目薬代で1,500円也

目薬。。。あまり抵抗なく受け入れてくれたのでひと安心。
先生はおしゃべりしながら(いや、説明しながら)チャッチャと目薬さして
ジェル状の(アレルギー用の)薬入れて(目にですよ! 目に!!)、はいおしまい。

「目薬出しときますから、これで様子を見てくださいね〜」
「治らなかったら次は注射しますからまた来てくださいね〜」

と…ものの10分くらいで処置完了。

う〜〜ん、やっぱり獣医さんってすごいなぁ。。。( ̄▽ ̄;)

 家に帰って、チャメを羽交い締めにして、2人がかりで恐々目薬をさす。
あまりしみないみたいで目薬自体には抵抗がない様子。
羽交い締めにされるのがイヤらしい(そりゃそーだ^^;)。

気のせいか、薬を入れてもらってから目ヤニも涙も出てないみたい?
それまで1日2〜3回、粘液のような目ヤニを取り続けてたのに。
このまま治ってくれればいいね、チャメ。

これで終われば、ハッピーな1日だったのに。。。(つづく/ちょっとひと休み)





チェメの悲劇はこの数時間後に起こった。



いつものようにリビングで警邏中のたまろのただならぬ鳴き声。。。

ううううぅ〜〜〜 =▽・▽=

(あっ、外に「友達」がきてるな)

うにゃぉおおおお〜〜〜 (=▽・▽=)
ぎゃおう〜〜〜 (=▽・▽=)

(すごい興奮してる。もしかしてベランダに侵入してきたのかな?)

ぎゃお〜 ぎゃお〜 う〜〜っ!! (=▽・▽=)


様子を観に行くとまろのシッポがグラス用たわしみたいに膨らんでる。
うわ〜〜ひさびさ〜〜\(≧▽≦)/(写真撮ろ〜)

と、カメラを持ってまろのところに行くと、まろの背後にチャメがオロオロと近付いて行く( ̄▽ ̄;)

(ああっ、チャメ! 今まろに近付くと危ないぞ!!)

以前、こういう場面でチャメがとばっちりを受けて
まろに飛びかかられて取っ組み合いになったことが何度かある。

チャメの存在に気付くとまろの身体はますます膨らみ、背中の毛まで逆立っている。

(写真撮りたいけど、この場面は2匹を早急に引き離さないと〜〜\(◎o◎;)/アセアセ)

と、2匹の間に入ろうとした瞬間、まろがチャメに飛びかかる。

シャ〜〜〜〜ッ!! (=Ф△Ф=メ)
ギャ〜〜〜〜ッ!! (=Ф△Ф=メ)

ビックリしたチャメも反応してリビングは一瞬にして戦場に。。。

えさ皿はひっくり返る
水入れはふっ飛んでリビングは水浸し
床には白と茶色の毛玉が雪のように舞う

は・早く引き離さないと!!

しかし、興奮して我を忘れた猫に触れるのは非常に危険。
今度は人間の血が流れる可能性大。
子供の頃、猫の喧嘩の仲裁に入ってひどい目にあった管理人。
身体は小さくてもパニックになった猫を力でねじ伏せるのはほぼ無理。

2匹の様子を見るとチャメの方がまだ落ち着いているので
チャメを捕獲して隔離することに決定。

まろが別室へ飛び込んで2匹が離れた隙にチャメをキャリーケースに誘導。
今朝、病院に連れて行かれたあのキャリーなので、いつものようにすんなり入ってくれるか心配したが
そこは日頃のオヤツ作戦が功を奏してすんなり入る。

チャメの姿がなくなって、まろがちょっと落ち着く。
もうこの頃には外に居た猫のことなど頭のどこにもない(にちがいない^^;)。

とばっちりを受けてキャリーケースに閉じ込められたチャメ
なんでボクが入れられなくちゃいけないの? と訴えているように見える。


そうだよね〜、チャメ。
何にも悪いことしてないのにね〜〜。


朝から、病院へ連れて行かれて、目の中にいろんなものを入れられて
その上、家に帰ったらまろ兄からとんだとばっちりを受けて、またキャリーに閉じ込められて…。

チャメ、最悪の1日。。。

このあと、落ち着いたまろの方をキャリーに入れて、チャメを解放。

少しの間様子を見て数十分でこの惨事も終結。



床の掃除。。。大変でした(>_<;)




その後、何事もなかったかのように並んで外を眺めている2匹。
d0150434_930994.jpg
チャメがまろにちょっと遠慮がちなのが笑える(^m^*)






チャメ:やっぱりまろ兄ちゃんは怖いにゃ。。。







にほんブログ村のランキングに参加しています。

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
[PR]
by niyacat_96 | 2009-06-18 23:24 | | Comments(6)
Commented by マリアンヌ at 2009-06-19 10:15 x
ジェル状の目薬。私、もらったことあるよ。
チャメ夫とお揃い。
早くよくなってね。

いつもながら男らしいniya家のにゃんず。
たわし状のまろ、見たかったな。
家主はそれどころじゃないって…?
Commented by MEI at 2009-06-19 11:02 x
おひさです(*^-^*)

部下と上司。。。チャメとまろ(笑)
Commented by niyacat_96 at 2009-06-20 13:03
>マリアンヌさん

それは…人間の? 猫の?(笑)
たわしまろの写真、撮りたかったです(^-^;
Commented by niyacat_96 at 2009-06-20 13:03
>MEIさん

そう、そんな感じ(^−^*)b
Commented at 2009-07-08 11:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by niyacat_96 at 2009-07-11 09:32
>鍵コメさま

特にサークルとかはやっていません。
猫好きさんのコメントはいつでも歓迎です^^
<< 大都会の中の獣道 野良猫捜索 PART-43 〜... >>